iPhone

iPhoneで写真・動画などのデータを簡単に送信する方法(AirDrop)

今回は写真・動画などをiPhone同士でデータを簡単に送信できる方法を

分かりやすく解説していきます。

写真などを友達に送信したい時

隣にいるのにいちいちメールで送信してデータを送るのは面倒くさいですよね。

今回の方法を覚えることでより快適にiPhoneを使うことができます。

Air Drop(エアードロップ)とは

近くにいるapple製デバイスと写真や動画・URLなどのコンテンツを

共有することができ相手からもコンテンツを受け取ることも可能です。

ios7から新たに導入されておりワイヤレスで行うことができます。

メールのように容量制限がないため重い動画や大量の写真でも

簡単に送信できるのでかなり便利です。

データは送信と同時に暗号化されるのでセキュリティー性

非常に高いです。

 

AirDropで送信できるコンテンツ

 

・写真

・動画

・連絡先

・位置情報

・アプリ

・WEBページ

 

上記コンテンツが送信できるコンテンツになります。

 

AirDropの送信方法

今回は写真の送信の仕方を説明していきます。

まずは受信する側の設定を確認していきましょう。

 

step1. コントロールセンターを開きましょう

ホーム画面右上から「コントロールセンター」を開いてください。

左上にある項目を「3Dtouch」してください。

詳細項目が開けたら「AirDrop」を「3Dtouch」をしてください。

 

step2. 受信先の設定をしましょう

「受信しない」⇒AirDropの受信拒否になります。

「連絡先のみ」⇒連絡先に登録された人のみ受信を許可となります。

「すべての人」⇒連絡先の登録の有無に関わらず受信をします。

今回は「すべての人」で受信をしてみます。

これで連絡先の登録の有無に関わらずコンテンツを受信をすることができます。

 

step3. 写真を送信しよう

「写真アプリ」を開きAirDropをしていきましょう。

送りたい「写真」を選択し左下にある「データマーク」タップしてください。

 

 

step4. 送信したい先を選択しましょう

「写真」を送りたい相手をタップし送信完了です。

 

 

送信が無事完了すると相手に通知が行きます。

「受け入れる」をタップし送信が完了になります。

 

 

以上が一連のAirDropの設定・送信方法です。

最近ではAirDrop痴漢といって

卑猥な写真を送り付けてくる人もいるみたいなので

用がないときは「受信しない」を選択することをオススメいたします。

 

ABOUT ME
カツオ@Blog
こんにちは カツオBLOG カツオと申します。 現在27歳 サラリーマンをしています。  何か新しいことに挑戦したいと思いブログサイトを立ち上げました! iPhone・androidのデバイスについて分かりやすく便利な活用方法を提案しています!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。