スマートフォン

スマホ代・携帯代が高い!料金を安くする5つのポイント

スマートフォンは今では一人一台は持つ時代となりました。

しかし、スマートフォンについて

「料金や契約内容を100%理解をしている!」

という方は中々いないのではないでしょうか?

十数万円の機種代・月1万円以上の利用料など

「もう少し安くならないかな?」と疑問をお持ちの方も多いはず

そこで今回は、スマホ代がなぜ高くなってしまう理由と

契約時に見直したいポイント、支払う料金を安くする方法

をご紹{“type”:”block”,”srcClientIds”:[“0061faed-77e1-41de-8bc2-e1340f1c89ef”],”srcRootClientId”:””}介していきます。

 

スマホ代・携帯代の月々の利用料平均額

大手携帯会社の月額料金は平均7,400円~8,200円

総務省:電気通信事業分野における市場調査検証(令和元年)による

https://www.soumu.go.jp/main_content/000707584.pdf

※スマホの機種代によっては上記金額より高くなることがあります。

大手携帯会社の月額の平均料金になります。

上記金額とご自身の携帯料金を見比べながら読み進めていってください。

どこに問題があるのかが見えてくるはずです。

 

スマホ料金が高い理由と見直しポイント

 

スマホ代・携帯代が「高い!」と皆さん感じていると思います。

しかし、なぜ高いのかなんて調べて人は少ないはず。

もう「高いものとして諦めている方」もいらっしゃる方もいると思います。

まずは、スマホ代・携帯代が高くなってしまう理由について説明していきます。

 

不要なオプションに加入したまま

 

大手携帯会社(docomo .au.softbank)では、

有料オプションが多くあります。

今使っている、無くてはならないもの、としているものであれば問題はないのですが

内容を理解していないで契約時に加入してしまってそのまま

わけもわからず毎月請求されていないでしょうか?

スマホ・携帯の絶対に必要な契約一覧

  • 基本料金
  • ISP接続料
  • データ通信料

「基本料金」「ISP接続料」「データ通信料」

この3つがスマホ・携帯に必要なものになります。

それ以外はすべて有料オプションになります。

IPS接続料とは

IPS(Internet Service Provider :インターネットサービスプロバイダー)

とはインターネット接続というサービスを提供している

事業者のことをさします。

インターネットを利用するには、回線業者だけでなく

インターネット接続業者との契約も必要になります。

有料オプションの代表的例

  • 留守番電話
  • デザリング(インターネット共有)
  • 紛失・破損保障保険

月々は僅かな料金かもしれませんが複数のオプションが重なることで

スマホ・携帯代が高くなってしまっている可能性があります。

契約した時の内容を確認してみて不要なものは

ショップなどに問い合わせしてみてください。

 

契約しているデータ容量が大きすぎる

 

スマホをお持ちの方であればデータ通信の契約は、必ずしていると思います。

データ通信は、その契約している容量が多きほど料金が高く設定されています。

家で契約をするインターネット回線の契約はデータ通信料の制限がなく

毎月一定額で使い放題です。

しかし、スマホはデータ通信料を選ぶことができ容量によって料金異なります。

契約している容量が大きいことが月々の支払いが高い原因の可能性が

あります。

今、契約をしているデータ容量の確認をしてみましょう。

もしかして、契約している容量に比べ月に利用している

データ容量のほうが少ない場合は容量を少なくすること

オススメします。

大手携帯会社 データ容量料金一覧

  docomo au softbank
~1GB 2,980円/月 2,980円/月 2,900円/月
~2GB     3,500円/月
~3GB 3,980円/月    
~4GB   4,480円/月  
~5GB 4,980円/月   5,000円/月
~7GB 5,980円/月 5,980円/月  

最近では、在宅ワークや自宅にwifiの設置している場合が多いため契約する

データ容量を下げることで月々の料金を下げることができます。

 

無料通話分を超えての通話料の支払い

電話をよく利用する方であれば、通話料が高くなってしまっている可能性があります。

大手携帯会社のオプションである「かけ放題」に入っている場合であれば

問題はありませんが、入っていない場合であると30秒で20円の通話料

が発生がします。

長時間の通話が多い方はこの通話料金が原因で月々のスマホ・携帯代が

高くなっている可能性があります。

大手携帯会社による かけ放題料金一覧

 docomoausoftbank
国内通話料1,700円/月1,700円/月1,800円/月
カケホ 5分以内無料通話700円/月700円/月800円/月

今では殆どが無料アプリ(LINE通話)が多くありますので

スマホなどの通話をあまり使っていない場合はこれを機に

「かけ放題」の有料オプションを解約してもいいと思います。

スマホ・携帯の機種代金分割料金の支払い

スマホ・携帯の機種代金の月々の支払いが高いのではないでしょうか?

新機種などはiPhone・androidともに10万円以上超えるものがあり

一括で支払いをするより、分割にて月々支払っている方が大半を占めています。

2年契約をしている方ですと機種代が月々の支払いに上乗せされるので

料金が高くなっている可能性があります。

毎月いくらの機種代を支払っているのかを確認しそれに合わせて

データ容量などを決めるのもいいと思います。

月末にデータ容量を追加購入の支払い

スマホを使っている方であると一番怖いのが通信制限

大手携帯会社で契約しているデータ容量を超えた途端

速度制限がかかり動画はもちろんSNSの閲覧も困難になるぐらいに

通信速度が落ちてしまいます。

そのため追加でデータを購入する方も多いはずです。

どうしてもの場合は購入することも必要ではありますが

月々の支払いを高くしてしまっている原因の可能性があります。

大手携帯会社が提供するアプリなどでその月にどれだけ

GBを使っているか、こまめに確認しましょう。

容量が少なくなってきたときはGBを多く消費する

動画の視聴などは控えるなどして、工夫をしましょう。

スマホ代・携帯代をもっと節約する方法

ここまでスマホ・携帯料金について説明してきました。

見直しポイントで下げれる料金よりさらに料金を抑えたい方には

「格安スマホ」がおススメです。

大手携帯会社では、月々の料金を下げるのにも限界があります。

たとえ携帯会社を変えても料金はほぼ横ばいなのが理由です。

「格安スマホ」に乗り換えることで大幅に料金を下げることができます。

料金節約に格安スマホがオススメな理由

格安スマホの多くは基本料金3,000円+オプションで2,000円程度で

毎月5,000円ぐらいで収まる場合がほとんどです。

オプションによっては1,000円程度のものもあるので

5,000円以下にすることもできます。

格安スマホならUQモバイルがおすすめ!

UQモバイルでは10GBの契約であれば毎月2,980円でスマホが使えて

とってもお得なんです!

さらにここにオプションのかけ放題1,700円を付けたとしても

毎月の料金は4,680円なんです!

全国平均料金の8,200円と比べてみると

なんと

月々   3,520円 節約!

年間 42,240円も節約になります!

UQモバイル公式サイト

 

是非この機会に格安スマホへ乗り換えることをオススメします!

 

ABOUT ME
カツオ@Blog
こんにちは カツオBLOG カツオと申します。 現在27歳 サラリーマンをしています。  何か新しいことに挑戦したいと思いブログサイトを立ち上げました! iPhone・androidのデバイスについて分かりやすく便利な活用方法を提案しています!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。