iPhone

【超簡単!】iTunes・iCloudでコンテンツをバックアップする方法(iPhone・iPad・iPod・iPodtouch)

今回はiTunesを使ってコンテンツを

バックアップする方法を分かりやすくまとめてみました。

端末の交換、損傷、紛失した時にも復元可能なので安心です。

iPhone・iPad・iPod・iPodtouchのバックアップ方法はすべて同じです。

バックアップをする方法は2種類ある

iPhoneユーザーであれば

バックアップをする方法は2つあります。

 

・iTunesでバックアップをする

・iCloudでバックアップをする

2つのやり方にはそれぞれ異なる強味があります。

どちらが最適かを判断し使用するようにしてください。

iTunes・iCloudのバックアップ詳細

それぞれの詳細について説明していきます。

 

iTunesでのバックアップ詳細

 

・Windows・Macでバックアップデータを保管できる

・バクアップが保存できる量はパソコンの容量によって決まる

・バックアップデータを暗号化できる

・パソコンでバックアップを作成することができる

 

iCloudでのバックアップ詳細

 

・iClouddeでバックアップデータを保管できる

・バックアップデータが保存でいる量は5GB(有料で最大2TB使用可能)

・バックアップデータは常に暗号化される

・wifiを使用してバックアップを作成・使用することができる

 

iTunes・iCloudで可能なコンテンツ

iTunesでのバックアップでは同期できるコンテンツとは違います。

端末のデータと設定が対象となります。

iTunesでバックアップできるコンテンツはこちらです。

 

・写真 動画(保存したもの、撮影したもの)

・音楽 ビデオ 映画 本

・連絡先 メッセージ(メール履歴 通話履歴)

・メモ カレンダー

・アプリ safariのブックマーク

・FeceID TouchIDの設定 ApplePayの情報

・その他設定(壁紙 プロフィール アプリの配置)

 

iTunesのバックアップ方法

それではWindows・Macパソコンにてバックアップをする方法

を説明していきます。

 

 

step1. デバイスをパソコンへ繋いでください

 

Macであれば「Finder」開いてください

Windowsであれば「iTunes」開いてください

※デバイスに接続した時に「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示されますので承認をしてください。

 

 

step2. ホーム画面にあるデバイス画面を選択してください

 

 

step3. 今すぐバックアップを選択してください

バックアップを始める前に「バックアップを暗号化」する必要があります。

「ローカルバックアップを暗号化」にチェックを入れてください。

※ヘルスケアやアクティビティのバクアップが必要でない場合は

暗号化しなくて大丈夫です。

 

 

step4. バックアップ完了を確認してください

バックアップが完了すると

前回バックアップ:○○と更新日が記載されます。

 

 

iCloudのバックアップする方法

iCloudにてバックアップをする方法を説明していきます。

step1. デバイスをwifiネットワークに接続してください

デバイスがwifiに接続されていなとできませんので注意

 

 

step2. iCloudを開いてください

「設定」から「ユーザー名」を選択し「iCloud」をタップ

 

 

step3. バックアップを作成してください

「iCloud」から「バックアップ」を選択

「今すぐバックアップを作成」をタップしてください。

バックアップが完了すると

最後に作成されたバックアップ:○○と更新されているのを確認し

バックアップ完了です。

まとめ

iPhoneでのバックアップには2つのパターンがあります。

ご自身の良いと思う方法で

バックアップを取ることをオススメします。

ABOUT ME
カツオ@Blog
こんにちは カツオBLOG カツオと申します。 現在27歳 サラリーマンをしています。  何か新しいことに挑戦したいと思いブログサイトを立ち上げました! iPhone・androidのデバイスについて分かりやすく便利な活用方法を提案しています!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。